獣医で、やる気のある方大募集


by ww13t49xqz

<プロミネンス>米国の新太陽観測衛星が高解像度撮影(毎日新聞)

 太陽の表面から立ち上る巨大な炎の輪のようなプロミネンス(紅炎)を、米航空宇宙局(NASA)の新しい太陽観測衛星「ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー(SDO)」がハイビジョンテレビの10倍の高解像度で撮影した。NASAの専門家は「これほど鮮明なプロミネンスの画像は見たことがない」と話している。

 プロミネンスは、太陽の高温の大気が磁力によって持ち上げられる現象。SDOが3月30日に撮影した画像には、地球20個分以上がすっぽりと収まるほどの巨大プロミネンスが写っていた。

 大規模なプロミネンスが発生すると、地球でオーロラの活動が活発化するほか、航空無線などの通信障害や送電網のトラブルを引き起こすこともある。【西川拓】

【関連ニュース】
県庁:通信障害、回線ほぼ復旧 /山形

日医連の参院選対応、結論持ち越し(医療介護CBニュース)
高速新料金本当に6月に始まるのか 国民、業者からは心配の声(J-CASTニュース)
英会話「ジオス」の201教室で授業再開(読売新聞)
<高速料金>政府、上限制度見直しを検討へ 小沢氏の指摘で(毎日新聞)
仕事かぶる?3独法 仕分けられるか「消費者行政」(産経新聞)
[PR]
by ww13t49xqz | 2010-04-27 21:33