獣医で、やる気のある方大募集


by ww13t49xqz

アートでも負けない! 在阪作家の植村さん デンマークのイベントに来月出展(産経新聞)

 大阪市在住の現代アート作家、植村佳菜子さん(38)が来月、デンマーク・ブランデ市で開かれる「レミセン国際アーティストワークショップ」に招待された。日本からは7人招待されたが、関西で選ばれたのは植村さんだけ。「日本の文化、美意識を伝えられる作品をつくりたい」。強い志を胸に、植村さんは檜皮(ひわだ)を使った作品の準備を進めている。

 同ワークショップは、世界中からアーティストを集め、電車の操車場跡をアトリエとして3週間にわたって公開制作するアートイベント。今年はデンマークのほか、ドイツ、ポーランド、中国など6カ国から参加し、7月18〜31日に開催される。

 植村さんは平成4年に日本を代表する抽象作家、元永定正さんに師事し、7年から空間全体を使ったインスタレーションを発表。オープンスペースに展示した「熱いトタン屋根の上のしずく」や自作の小説とともに制作した「ゴミ箱の家」などの作品で知られている。

 今回の展示の“核”には檜皮を採用。3、4年前、檜皮で屋根をふく場面をテレビで見て以来、作品に使いたいと思っていたという。しかし、檜皮の入手方法がわからず困っていたところ、知人を通じて京都の工務店から約20キロ分を提供してもらうことになった。

 作品は、日本から檜皮や和紙、竹釘などを持ち込み、現地で見つけた素材を組み合わせて、会場の雰囲気などを見ながらインスタレーションに仕上げていくという。

 植村さんは「どんな作品になるかは行ってみないと分かりませんが、それがインスタレーションのおもしろさ。作品を通して日本の美を感じてもらいたい」と話している。

【関連記事】
韓国の美術市場って? 高い投機熱
友禅染をポップな現代アートに 外車ショールームで展示会
10万人の観光客増で50億円 瀬戸内国際芸術祭の経済波及効果 香川
現代アート アレクサンダー・ゲルマン 「ポスト・グローバル」今月末出版
謎深まる“力士シール”いったいだれが?

民主・小林氏が議員辞職願=10月に北海道5区補選(時事通信)
宝くじ販売詐欺で起訴=民主小宮山泰議員の実兄―東京地検(時事通信)
参院選資金も脱小沢…配分見直し、追加支給(読売新聞)
「はやぶさ」大きな砂粒はなし 簡易検査で判明(産経新聞)
おたる水族館 白いトド「レタラ」4日の命 おぼれ?死亡(毎日新聞)
[PR]
by ww13t49xqz | 2010-06-19 09:34