獣医で、やる気のある方大募集


by ww13t49xqz

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 日本病院会(日病)の政治団体「日本病院会政治連盟」は5月22日、夏の参院選で、民主党から比例代表への出馬を表明している医療法人社団永生会の安藤高朗理事長ら5人を推薦する方針を正式決定した。

 安藤氏のほかに推薦するのは、▽みんなの党から出馬する清水鴻一郎前衆院議員(比例)▽自民党現職の西島英利氏(同)▽民主党現職の桜井充氏(宮城)▽自民党から出馬する日本衛生検査所協会顧問の赤石清美氏(比例)-の4人。

 同連盟の梶原優委員長が、同日開かれた日本病院会の代議員会・総会後に報告した。また、地元の小選挙区で推薦したい候補者がいれば、6月5日くらいまでに本部に知らせるよう求めた。

 梶原委員長は、日病など四つの病院団体の政治連盟と日本医師連盟が推薦する安藤氏について、「初めて医療界全体から立候補者として出る形になった」と述べ、「もし落とせば、日医も病院団体も(民主党に)全く相手にされないだろう」と指摘。一方で、同日の記者会見では、「(安藤氏は)一番出遅れている。この調子では負ける」と危機感を露わにした。


【関連記事】
日病が新執行部披露パーティー
参院選比例代表で安藤、西島両氏を推薦−日精協政治連盟
日医連、民主候補の安藤氏推薦を決定
安藤氏、西島氏ら5人に推薦状交付―老健連盟
参院選へ向け「火の玉になって頑張りたい」―永生会・安藤氏

小沢氏「郵政法案通っても国民新党と一緒にやる」(産経新聞)
首相、被害救済の特別立法に意欲=口蹄疫で政府報告と質疑―国会(時事通信)
あす(24日)訪米=防衛相―普天間で国防長官と会談へ(時事通信)
遠藤周作さんの初期未発表作発見 長崎の文学館で公開(産経新聞)
国道側溝に男性の切断遺体=死体遺棄事件で捜査―新潟県警(時事通信)
[PR]
by ww13t49xqz | 2010-05-29 20:57
 宮崎県での家畜伝染病・口蹄(こうてい)疫被害の急速な拡大を受け、政府は19日、全閣僚で構成する口蹄疫対策本部(本部長・鳩山由紀夫首相)を首相官邸で開いた。発生地から半径10キロ圏内に設定されている「移動制限区域」内のすべての牛や豚にワクチンを接種してウイルスの拡散を抑えた上で殺処分するなどの対策を決めた。

 今回の対策で新たに殺処分の対象になるのは牛約5万頭、豚約15万5千頭の計約20万5千頭。処分対象は18日までの分と合わせて計約32万3千頭となる。

 農林水産省は20日にもワクチン接種を始めるが、全頭接種には3〜4日かかる見通し。殺処分は同県川南町周辺が対象で、感染数が少ないえびの市と、隣接する熊本、鹿児島両県には適用しない。

 政府は、新たに殺処分する牛1頭につき約60万円、豚1頭につき約3万5千円の奨励金を農家に支給する。また、これまで殺処分を実施した農家すべてに、牛や豚の評価額の5分の1を見舞金として支給。5分の4は家畜伝染病予防法に基づき見舞金を支払う。

 一方、移動制限区域の外側で家畜の移動を禁じている10〜20キロ圏内の「搬出制限区域」については、緩衝地帯とするため早期出荷を促す。対象となるのは牛約1万6千頭、豚約1万5千頭の計約3万1千頭。出荷を早めることで低減する価格については、経営再開支援金の交付により補填(ほてん)する。

 このほか、(1)高速道路のインターチェンジや国道で一般車両の消毒を行うポイントの増加(2)埋却地の円滑な確保(3)獣医師や自衛隊派遣要員などの増員−を新たに実施する。政府はこれらの対策に必要な予算として、300億〜400億円を想定している。

 鳩山首相は19日夜、首相官邸で記者団に「これで十分に(感染の)拡大を防げると思う。農家や自治体の皆さんを慰労し、努力に報いる対応を行いたい」と対策に自信を示した。赤松広隆農水相は今後3週間、新たな感染がなければ確認されなければ、口蹄疫終結を宣言するとしている。

 ただ、政府の対策をめぐっては、感染が拡大しつつあった4月末に赤松氏が外遊し、現地入りも今月10日になるなど対応の遅れが指摘されている。平野博文官房長官は19日の記者会見で「次の糧にするため、きちんと反省はしなければならない」と述べた。

【関連記事】
口蹄疫 足りない埋却地、学校敷地を検討
口蹄疫 問題の本質を見誤った鳩山政権
口蹄疫Q&A 政府新対策の意味って?
口蹄疫 「赤松農水相らの対応は見苦しい」 自民・石破氏
口蹄疫 10キロ圏内全頭処分へ 農水省 
中国が優等生路線に?

飲酒運転に同乗、巡査逮捕=現場から逃走―長崎県警(時事通信)
<キトラ古墳>四神の壁画、幼稚園児らに公開 奈良(毎日新聞)
<ラジオ>ネットで聴取「ラジコ」 予想以上の好調(毎日新聞)
<ダイヤ鑑定かさ上げ>「何を信じれば」店舗・消費者戸惑い(毎日新聞)
普天間問題 首相「平和のためにも5月末決着」(産経新聞)
[PR]
by ww13t49xqz | 2010-05-21 21:02
 大学生らを勧誘しねずみ講を運営したとして、無限連鎖講防止法違反の罪に問われたインターネット関連会社「ライブリー」(解散)の元社長、柏木文男被告(47)=奈良県斑鳩町=の判決公判が11日、京都地裁であった。

栩木(とちぎ)純一裁判官は「若者を対象に大規模に勧誘しており悪質だが、反省している」として、懲役1年6月、罰金100万円、執行猶予3年(求刑懲役1年6月、罰金100万円)を言い渡した。

 判決で栩木裁判官は「積極的に勧誘活動をしており、重要な役割を果たしている」と述べた。

 判決によると、柏木被告は平成17〜19年、元会長の城間勝行(37)と元役員の前田壮一(33)の両被告=いずれも公判中=と共謀。25人を勧誘して代理店登録させ、登録料名目などで集めた計約930万円を配当し、ねずみ講を運営した。

<乳児虐待>布団に投げつける…容疑の父を逮捕 和歌山県警(毎日新聞)
防衛相、県内移設方針を伝達=沖縄知事「しっかり説明を」−普天間(時事通信)
交付ミス1票多いまま、くじ引き当選…異議あり!(読売新聞)
<ドリームジャンボ>発売 名古屋駅前には100人が列(毎日新聞)
シカ急増、保護地域追われるニホンカモシカ(読売新聞)
[PR]
by ww13t49xqz | 2010-05-13 14:48