獣医で、やる気のある方大募集


by ww13t49xqz
 厚生労働省は8日、75歳以上を対象とした後期高齢者医療制度に代わる新たな高齢者医療制度案の概要をまとめた。原則として65歳以上は市町村の国民健康保険(国保)に加入する一方、現役世代と高齢者のそれぞれの負担を明確にするため、両者の財政運営は別建てとする制度を設計する方針だ。

 08年度に導入された現行制度は、75歳以上を別制度としたことで強い批判を浴び、政権交代の一因となった。民主党は現行制度の廃止を衆院選マニフェスト(政権公約)に掲げている。厚労省は65歳以上も現役世代と同じ国保の枠に入れ、年齢による区分をなくすことにより批判をかわしたい考えだ。

 厚労省が8日公表した試算によると、10年度の65歳以上への医療給付費は約17兆円に達する。新制度では、75歳以上への給付費(11.7兆円)は当面、現行同様50%を税でまかなう。65歳以上への税投入額を今より約9000億円減らし約6.5兆円にとどめても、国保、企業の健康保険組合、公務員の共済組合の高齢者医療への支援金をそれぞれ約8000億円、約2000億円、約1000億円増やすことで制度を維持できるという。

 国保は現在、給付費の50%を公費(税)で、残りを保険料などでまかなっているが、新制度の65歳以上の給付費の財源構成は、(1)税32%(5.5兆円)(2)現役世代の負担51%(8.3兆円)(3)高齢者の保険料17%(2.8兆円)−−となる。

 国保は財政が悪化し、保険料の地域間格差も広がっている。このため、厚労省は国保を都道府県単位などに広域化し、財政基盤を強化したうえで新制度の受け皿とすることを想定している。ただし、国保財政が健全で、保険料を低く抑えてきた市町村の不満を抑えるため、同一都道府県内の市町村間で異なった保険料とすることも認める意向だ。有識者会議「高齢者医療制度改革会議」で内容を詰め、8月末にも制度の大まかな全体像を示す。【佐藤丈一】

【関連ニュース】
消された年金:記録訂正の確認手段 厚年基金や健保でも
国民健康保険:軽減後の収入ごとの保険料試算公表 厚労相
全国建設工事業国保組合:本部に立ち入り検査…都と厚労省
国保:失業者の保険料軽減 前年給与、3割で算出
全建国保支部の無資格加入:都と厚労省、本部に立ち入り

<掘り出しニュース>ヴェネチア仮面祭 体験して 31日まで、箱根の美術館で(毎日新聞)
H氏賞に中国出身・田原さん「石の記憶」(読売新聞)
愛子さまが6日ぶりご登校(産経新聞)
<東金女児殺害>公判での客観証拠重視を要望 福祉連盟(毎日新聞)
<羅臼漁船事件>13隻を14日間の出漁禁止に 北海道(毎日新聞)
[PR]
# by ww13t49xqz | 2010-03-10 15:42
 厚生労働省は3月8日、「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」の第22回会合を開き、月末の会合での最終提言の取りまとめに向け、実質的に最後となる最終提言の内容についての意見交換を行った。医薬品行政を監視・評価する第三者組織については、同委員会のワーキンググループの取りまとめ案が了承された。同案は最終提言に盛り込まれる。

 ただ、この日事務局が提出した最終提言案全体の中での第三者組織の位置付けについて、「第三者組織というのはこの委員会のテーマにとって極めて重要な事項。もう少し重い位置付けにならないものか」などの意見が委員から出た。

 このほか、水口真寿美委員(弁護士)が、同省の医薬食品局と独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)の職員を対象に実施されたアンケート調査の結果を踏まえた最終提言案についての修正意見を提示した。医薬品行政の体制の強化については、「業務量に見合った人員の確保と適切な配置が必要」と指摘。同省やPMDAの職員の労働時間が長く、審査期間の目標設定が適切なのかとのアンケートの問題提起を踏まえ、人員育成を図りつつ、その進捗状況に見合った適切な目標設定が行われるべきとした。


【関連記事】
第三者組織の検討結果を取りまとめ―薬害肝炎WG
医薬品行政の「現場の生の声」、アンケート結果を公表―厚労省検討委
第三者組織の「目的と特性」「権能」など了承−薬害肝炎WG
「舛添さんを信用してきた」と薬害検討委座長―新政権の「やる気」求める
医薬品行政の監視・評価組織の運営で議論―厚労省

<訃報>小川シゲさん83歳=中村歌六さんと歌昇さんの母(毎日新聞)
【from Editor】冷めた後の2人はどこへ(産経新聞)
神奈川県内のマクドナルド全店、全面禁煙に(読売新聞)
<原口総務相>ツイッターで津波情報発信(毎日新聞)
1000万相当の換金用景品盗難=パチンコ店近くの駐車場−警視庁(時事通信)
[PR]
# by ww13t49xqz | 2010-03-09 03:59
 民主党の「難病・脳脊髄液減少症を考える議員連盟」(会長=川内博史衆院議員)は3月3日、「脳脊髄液減少症ネットワーク架け橋」(細谷地正樹代表)など3団体や厚生労働省からヒアリングした。各団体の関係者はこの病気の治療法などに保険が適用されないため、金銭的負担が大きい現状を訴え、国による早急な対応を求めた。これに対して厚労省の担当者は、診療ガイドラインの整備などを前提に、保険適用を検討する考えを示した。

 「脳脊髄液減少症」は、交通事故などによる頭部・全身への強い衝撃で脳脊髄液が漏れ出し、頭痛やめまいなどのさまざまな症状を引き起こす。2007年に厚労科学研究費補助金の交付が決定した「脳脊髄液減少症の診断・治療の確立に関する研究」(研究代表者=嘉山孝正・山形大医学部長)では、3年以内に診断基準を確立し、診療ガイドラインを作成する目標を掲げている。

 脳外科医の石森久嗣衆院議員は、この病気について「(すぐに治療したケースと比べると、発症から)何年か経ったケースではやはり悪くなっているようだ。最初に診断が付くようにしていかないといけない」と述べ、迅速な診断を促すため、この病気を周知する必要があると指摘。また、▽事故や転倒後に時間が経過してから症状が出る▽典型的な症状がない▽事故などに遭っていなくても症状が出る―といったケースもあるといい、「研究班のガイドラインがしっかり出てこないと現場としても対応しきれない」などと述べた。

 厚労省の担当者は、ガイドラインの整備などを前提に、「保険適用も含めて検討していきたい」と応じた。
 これに対して初鹿明博衆院議員は、患者や医師がすぐに脳脊髄液減少症の疑いを持てるように、「医療機関に通知を出すなど、すぐにでもできることはやっていただきたい」と求めた。
 川内会長は「『いのちを守りたい』政権が保険適用はできないと言っていたら話にならない。鳩山総理の所信表明演説に沿った厚労省の方針がお示しいただけると思う」などと述べた。


【関連記事】
難治性疾患対策の検討チーム設置へ―厚労省
「ブラッドパッチ」の保険適用を要望―脳脊髄液減少症研究会
難病対策の抜本的改革に着手―難病対策委
診断基準策定求め要望書−「脳脊髄液減少症」支援の会
「脳脊髄液減少症」で患者団体が要望署名提出

大阪の温泉施設 湯に川の水補給(産経新聞)
速度違反し逃走図る…山口大の学生支援部長逮捕(読売新聞)
<火災>住宅が全焼し2人が死亡 石川県輪島市で(毎日新聞)
北教組幹部逮捕 民主・小林議員「非常に残念」 (産経新聞)
仙谷大臣、学生時代の“窃盗”告白 薬局の「ケロちゃん」失敬(産経新聞)
[PR]
# by ww13t49xqz | 2010-03-07 17:32
 政府は28日、南米チリで発生した大地震で、日本沿岸にも津波が到達する可能性が高くなったことを受け、午前8時30分に官邸対策室を首相官邸内の危機管理センターに設置した。

 鳩山首相は同日午前、首相公邸で菅副総理・財務相や平野官房長官らと対応を協議すると同時に、関係省庁に対し、情報収集と住民の避難などに万全を期すよう指示した。

小笠原村、父島、母島両島に2800人に避難勧告(産経新聞)
鯖江市資料館が「まなべの館」にリニューアル(産経新聞)
五輪フィギュア 浅田と安藤に大声援 中京大(毎日新聞)
オフミック点眼液の一部を自主回収―わかもと製薬(医療介護CBニュース)
北教組幹部逮捕 鳩山首相が公立校教職員への罰則検討指示(産経新聞)
[PR]
# by ww13t49xqz | 2010-03-06 00:48
 森本妙子さん87歳(もりもと・たえこ=毎日書道展名誉会員)2月25日、肺がんのため死去。葬儀は近親者で済ませた。自宅は東京都千代田区外神田2の7の4。喪主は妹静子(しずこ)さん。

<大津波・津波警報>北海道・根室市3363世帯に避難指示(毎日新聞)
<津波>足止めフェリー、未明に220人下船 八戸と苫小牧(毎日新聞)
<強制わいせつ>容疑で塾経営者逮捕 「除霊」と称し 千葉(毎日新聞)
<津波>紀勢線で特急20本運休 瀬戸内海のフェリー欠航も(毎日新聞)
Broadway (マイクロプロセッサ)
[PR]
# by ww13t49xqz | 2010-03-04 05:35